MENU

Home > 2013 Schedule > Ex. Odaiba > Report

D1 STREET LEGAL Ex. ODAIBA
November 9 - 10, 2013 at Odaiba Special Venue

コースコンディション:ドライ
公式入場者数:13,097名(2日間合計)

Ex. Report

王者·北岡が魅せた!

Tanso Battle

D1GP即通用の高得点!

  • Tanso 1st

    北岡 裕輔 ( スーパーオートバックス所沢 with エビスサーキット ) マークⅡ [ JZX100 ]

    「金曜日の練習でちょっと壁にこすっただけなのにテールがなくなったので、超アンパイで走りました!」という北岡だったが、それでも95.69というトップ得点を出した。

  • Tanso 2nd

    小橋 正典 [ PS13 ]

  • Tanso 3rd

    林 和樹 [ S14 ]

  北岡裕輔、平島明、小橋正典、林和樹、アンドリューグレイ、激動の2013年シリーズを戦い抜いてきた彼らD1ストリートリーガルシリーズのトップ5が、TOKYO DRIFTの初日9日(土)に単走を、10日(日)は追走をおこない、2日間に渡ってD1ストリートリーガルドライバーの実力の高さを証明する好走を大観衆に見せつけた。
 まずはD1グランプリシリーズとおなじようにDOSSによる採点(審判員の加減点はなし)を採用した単走だ。「リーガル史上最高の激戦だった」といわれる2013年シーズンのトップドライバーたちが、いったいどのような得点を出すのか、そしてD1グランプリシリーズとの差はどこまであるのかに注目が集まった。
 D1ストリートリーガルシリーズでチャンピオンを獲得した北岡からランキング上位順に走行したが、金曜日におこなった練習走行はわずか15分、この日も直前におこなったウォーミングアップ走行の1本だけという状況に、最初の1本はそろって探り状態の走りだった。
 しかし2本目ともなると、それぞれが得点を伸ばしてきた。なかでも北岡は95.69点というD1グランプリシリーズでも追走進出できそうな得点を出すことに成功した。

  • Pick Up It !!

    アンドリュー グレイ [ JZX100 ]

    3.4リッターに排気量アップされた2JZエンジンにTO4Zタービンが組み合わされ「800psちかく出ているのでは…」とウワサされるグレイのマークⅡ。今回も白煙モクモクの豪快な進入を決めてきたが、このあとアウト側のスポンジバリアに接触して大きく戻り、得点を伸ばすことはできなかった。

  • Pick Up It !!

    平島 明 [ PS13 ]

    第1セクターで得点を出すことに気合いを入れていた平島は、狙い通り29.25点で基準点越えを果たすことに成功するものの、気合いが入りすぎたかそのあとの第2セクターでハーフスピン! その後、振り返し区間である第4セクターでふたたび基準点超えを果たすも第2セクターの0点が響いて最下位となってしまった。

単走バトル 結果

Pos. No. Driver Car Sector 1 Sector 2 Sector 3 Sector 4 Sector 5 Max Speed Speed Score Best Score
1 10 北岡 裕輔 JZX100 28.99 23.20 19.23 14.68 9.59 119.50 -0.46 95.69
2 30 小橋 正典 PS13 28.94 23.18 19.03 14.68 9.66 118.00 -0.59 95.49
3 40 林 和樹 S14 27.56 23.43 19.44 14.91 9.24 114.80 -0.89 94.57
4 50 Andrew Gray JZX100 26.70 20.26 18.49 14.33 9.18 111.20 -1.24 88.96
5 20 平島 明 PS13 29.65 0.00 18.88 15.05 8.80 112.50 -1.11 72.38

黄字は基準点を超えた得点です。

Tsuiso Battle

最初の対戦はDOSS判定で林和樹の勝利!

  • 1st Battle

    林 和樹 シルビア [ S15 ] vs Andrew Gray マークⅡ [ JZX100 ]

    慣れないコース、そして練習も少なかったなかでの追走に、両者ともに攻めきれず…。先行6の後追い5でアドバンテージを獲り合ったため、入れ替え後の判定はイーブン。結果、先行時のDOSS得点でグレイをうわまわった林和樹が勝利した。

北岡が果敢に寄せきって小橋を撃破!

  • 1st Battle

    北岡 裕輔 マークⅡ [ JZX100 ] vs 小橋 正典 シルビア [ PS13 ]

    振り出しの第1セクターこそ攻めきれない両者だったが、北岡先行の1本目は小橋が入り込めなかったため6対6のイーブン。入れ替えた小橋先行の2本目、こんどは北岡がビッタビタの入り込みを決めて小橋を圧倒! 5.5という先行小橋の判定に対して北岡は6.5の判定で勝利を手にした。

リーガルらしさあふれるシリーズ1位&2位の超接近戦!

  • 1st Battle

    北岡 裕輔 マークⅡ [ JZX100 ] vs 平島 明 シルビア [ PS13 ]

    リーガル最終戦の決勝戦とおなじ組み合わせとなった最後の対戦。両者相手のインに飛び込む好走で「これぞリーガル」とマナピーも叫ぶほどの入り込みを見せた。しかしまさかのDOSSエラーによって判定はおこなわれず、勝敗はつかなかった。

  10日(日)のD1ストリートリーガルは追走で魅せる。
 まずはシリーズ4位の林和樹とシリーズ5位のアンドリューグレイが対戦。慣れないコースと少ない練習時間から、両者なかなか攻めきることができず入れ替え後の判定はイーブン。DOSSの判定に持ち込まれたが、先行時の林が93.20点だったのに対してグレイは91.20点となり、林の勝利が決定した。
 つづいてはシリーズ1位の北岡裕輔とシリーズ3位の小橋正典の対戦。こちらも両者振り出しはぬるっとしたかんじになってしまったが、北岡先行の1本目は小橋がインに入り込めず6対6のイーブン。入れ替えた2本目は小橋のインにガッツリと入り込んだため小橋5.5の判定に対して北岡は6.5を獲ることに成功。北岡の勝ちが決まった。 最後はシリーズ最終戦の日光でもチャンピオンを決める重要な戦いとなった北岡裕輔と平島明の対戦を再現。シリーズを最後まで争ったふたりなだけあり、その追走はおたがいのインに入り込む、3対戦でイチバンの見事な接近度!
 DOSSエラーによってランク判定ができなかったため決着はつかなかったものの、大観衆のまえでD1ストリーリーガルトップドライバーの実力の高さを証明する走りを見せつけることに成功した。

Other Report

  • Pick Up It !!

    走行後は審判席まえに車両を移動し、コース上ステージに登壇して選手紹介をおこなった。左から林和樹、平島明、北岡裕輔、小橋正典、アンドリューグレイ。来年の活躍が楽しみなリーガルトップドライバーたちだ。

  • Pick Up It !!

    D1グランプリシリーズの競技の合間におこなわれた走行だが、多くのお客さまにスタンドに残っていただき、D1ストリートリーガルの可能性を見ていただくことができた。

  • Pick Up It !!

    コミュニティエリア内のD1ステージでは両日ともトークショーを実施。D1ストリートリーガルシリーズを審判し続けてきた神本寿をMCに起用し、当日副審として活躍した勝又智也や藤尾勉も加わり、走行の感想や今後の抱負が語られた。

  • Pick Up It !!

    Fスタンド裏に車両展示スペースが設けられ、走行した5名のマシンを多くのお客さまに見てもらうことができた。タイヤ交換や暖気作業等のピット作業もおこなわれたため、走行まえはかなりの注目度となった。

Official Sponsors