学生証の写真に私服は許される?撮影に向く髪型トップ3も紹介!

学生証の写真に私服は許される?撮影に向く髪型トップ3も紹介!

大学の身分証明書用の写真を私服で撮っても問題ないです。

しかし、バイト応募や履歴書提出、入学の手続き時など、写真の服装について不安を感じる瞬間があります。

こんな疑問、持ったことはありませんか?証明写真に私服は本当に適しているのか?

私自身、大学に入る際にこの問題に直面したことがあります。社会的な先入観がないため、どのような服装であれば適切か分からなかったんです。

他の人たちと服装について話し合う機会も少なく、困ったことがある人も多いのではないでしょうか?

この記事では、証明写真を撮る際に適した服装について解説します。撮影時に印象を決める髪型の提案も行います。

これから証明写真を撮る予定の方は、ぜひ最後までお読みください。

目次

学生証の写真に私服を使っても問題ない

学生証に用いる証明写真は、大学入学時に提出するものです。それ以外にも、アルバイトの申し込みや就職活動で利用することがあります。

重要なのは、学生証の写真は4年間変更不可能であるという点です。一度提出したら、特別な状況を除き、交換はできません。

そのため、学生証の写真を撮る際は、髪型や服装に注意が必要です。まずは服装に関するアドバイスから始めましょう。

私服でも大丈夫!ただし、適切なTPOを心掛ける

証明写真のための服装は私服で構いません。しかし、4年間もの間、使用する学生証の写真であるため、他人に見せても恥ずかしくない写真を心がけましょう。

ここで大切になってくるのが、TPOに応じた服装です。

TPOの意味

  • T…TIME 時間
  • P…PLACE 場所
  • O…OCCASION 場合

次に、TPOに応じた服装の良い例と悪い例を見ていきましょう。

証明写真用私服の良い例・悪い例

私服には様々な種類がありますが、どれを選べばいいか迷うこともあります。ここでは、良い例と悪い例を紹介します。まずは良い例から。

良い例

  • 襟付きシャツ
  • ブラウス
  • 白、黒、紺などのシンプルな色合いのトップス

肌の露出は避け、シンプルな服装を選びましょう。スーツやブラウスで撮影する人もいますが、服装に厳密なルールはありません。適切な選択を心がけましょう。

悪い例

  • シワがついている
  • 派手な柄や色

シワがあると清潔感が損なわれます。第一印象を大きく左右する写真であるため、衣服のシワは注意しましょう。また、蛍光色やビビッドな色も避けるべきです。

証明写真では、顔、髪型、衣装の情報が限られているため、細部に注意を払いましょう。

証明写真に選ぶべきは白い服装

証明写真を撮る際、私服でも構わないと以前からお話しています。ここで、さらに役立つ情報を提供します。

実は、証明写真で白い服を着ると、写真の出来が格段に良くなるのです。私が学生証で着用していたのは、ピンクのセーターでした(笑)

その時は特に気にせずに好きな服で撮影しましたが、後になってもっと考えて服を選べばよかったと思いました。

皆さんには、そのような後悔をしてほしくないのです。白い服を選ぶことを心がけましょう。

撮影時の映りを良くするため

白い服は、撮影時にレフ板と同じ働きをしてくれ、顔をより明るく見せる効果があります。これにより、顔のシワや目の下のクマも目立たなくなり、より美しく映ります。

特に、首回りが開いたVネックなどの白い服を選ぶと、よりお勧めです。

証明写真の写りを向上させる3つのコツ

顎を引くのではなく、おでこを突き出す

写真撮影で「顎を引く」とよく言われますが、過度に意識しすぎると不自然な写真になることがあります。顎を引くよりは、「おでこを突き出す」ことを意識した方が良いでしょう。

背筋を伸ばして、おでこをわずかに前に出すことで、顎も自然に引かれるようになります。

撮影前のイスの位置調整を怠らない

証明写真を撮影ボックスで撮る場合、撮影前にはイスの位置の調整を忘れずに行いましょう。これにより、目線が自然にカメラに向かうようになります。

白い紙を使って顔色を明るく見せる

A4サイズの白いコピー用紙をレフ板代わりに使用します。膝の上や、写真に写らない程度の胸元で持つと良いでしょう。顔に向かって正面からの光を集めることで、顔色をより明るく見せることができます。

その他、白いハンカチやスケッチブックなど、白いものであれば何でも使用可能です!

撮影時の髪型選びで印象を左右する

証明写真撮影の際、髪型の影響を考慮していますか?多くの方が服装や表情、ポーズに意識が向きがちですが、髪型の重要性も見過ごせません。

実際、髪型に少し手を加えるだけで、見た目に大きな変化をもたらすことができます。私服での証明写真撮影におすすめの髪型を三つ紹介しましょう。

サイドに流した前髪

男女問わず、前髪が顔にかかると、影ができて顔が暗く見えがちです。そのため、前髪をサイドに流して、顔が明るく映るように工夫しましょう。

結んだ髪

特に長髪の方に適しています。髪の長さが肩を超える場合は、まとめ髪やハーフアップがおすすめです。重要なのは、耳を見せることで、清潔感を高めることです。

髪を結んで顔周りを整えることで、より明るく清潔な印象になります。

目立たない髪飾り

男女共に、大きな髪飾りや目立つアクセサリーは避けるべきです。特に就職活動やバイト応募時は、清潔感や信頼感が大切ですから、シンプルできちんとした印象を与えることが重要です。

大学の学生証写真として4年間使うことを考えると、時代の流行に左右されず後悔のない選択をしましょう。

証明写真で好印象を残すためのポイント

服装選び白い服を選び、清潔感を意識する。TPOに応じた服装を心がける。
髪型前髪はサイドに流し、長髪はまとめる。目立つ装飾は避ける。
撮影テクニック顔を明るく見せるために、白い紙を利用する。背筋を伸ばし、あごを引きすぎずにおでこを前に出す。

証明写真を撮る際は、白い服を選んで清潔感を出し、TPOに合った服装を心がけましょう。

髪型は顔が明るく映るように前髪をサイドに流したり、長髪の場合はまとめて清潔感を出すことが大切です。

また、撮影テクニックとして、白い紙をレフ板代わりに使用し、背筋を伸ばして自然な姿勢で撮影することで、より良い印象の写真を残すことができます。

目次