【刺客】読み方は?しかく・しきゃく|どちらも受け入れられている?

【刺客】読み方は?しかく・しきゃく|どちらも受け入れられている?

「刺客」の読み方には、以下の選択肢が存在します。

  • しかく
  • しきゃく
  • せっかく

これらはすべて認められた読み方であり、それぞれに正当性があります。

「しかく」という読み方が一般的に広まっているとはいえ、「しきゃく」という読み方も間違いではありません。どの読み方を選ぶかは、個人の判断に委ねられているようです。

本記事では、「刺客」の読み方についてさらに詳細に解説していきます。

目次

刺客の読み方について

先ほど触れたように、「刺客」には3つの異なる読み方があります。

  • しかく
  • しきゃく
  • せっかく

「せっかく」という読み方は古くから存在しますが、現在では一般的でなくなっています。「しかく」と「しきゃく」が現代では主流の読み方であり、これらの読み方はどちらも正しいとされています。

個人的な見解としては、「しかく」が一般的に受け入れられているように感じられるかもしれませんが、「しきゃく」も正確な読み方であり、どちらの読み方も使用されています。

テレビ放送などでこれらの読み方を聞くことがありますが、どちらも間違いではないので、好みに応じて使い分けることができます。

このような柔軟性は、一見すると混乱を招くかもしれませんが、便利な側面もあります。試験で「刺客」の読み方を問われた場合、どの読み方も正解になり得ます。

NHKではどの読み方を採用しているのか

NHKで「刺客」の読み方がどうなっているのかについて調査しました。NHKの用語集を参照すると、「しかく」との記載があります。

インターネットでの調査や直接確認を行った結果、NHKでは主に「しかく」と読むことが推奨されているようです。

しかし、時間と共に変わる可能性もあり、この点は柔軟に対応する余地があります。

一般に「客」は「きゃく」と読まれるため、「しきゃく」という読み方に自然に傾くことも理解できます。漢字の複数の読み方が存在するのは、日本語の複雑さと魅力を同時に示しています。

刺客の定義

刺客という用語は、もともと秘密に誰かを排除する意味を持っていました。

政治の領域では、「刺客」の語を聞く機会があります。これは、特定の政治家や離党した者を競争相手として立てる戦略を指し、「刺客を立てる」と表現されます。

近年、特定の目標を持つ人物を意味するために広く「刺客」という言葉が使われることもあります。

複数の読み方を持つ、紛らわしい漢字

複数の読み方が存在する漢字には、刺客の他にも例があります。

世論

一般的には「よろん」と読まれることが多いですが、「せろん」という読み方が本来の正しい形です。ただし、現代では「よろん」という読み方が広く受け入れられています。

代替

「だいたい」と読むのが正しい形です。「だいがえ」という読み方は誤りとされているものの、日常会話で使われることがあります。

汎用

「はんよう」が正確な読み方です。この言葉は、広範囲に渡って使えることを意味します。「ぼんよう」という読み方は間違っていますので注意が必要です。

会釈

正しい読み方は「えしゃく」です。「かいしゃく」と間違えて読んでしまうことがありますが、それは不正確な読み方です。

雰囲気

「ふんいき」が適切な読み方とされています。多くの人が「ふいんき」と誤って発音してしまうことがありますが、これは間違いです。

漢字の読み方と用語の理解を深めよう

「刺客」という言葉は、秘密裏に排除する意味から政治の文脈で競争相手を立てる戦略まで、幅広い意味を持ちます。

また、日本語には「世論」「代替」「汎用」「会釈」「雰囲気」など、複数の読み方を持つ紛らわしい漢字が多数存在します。

「せろん」「だいたい」「はんよう」「えしゃく」「ふんいき」がそれぞれの語の正しい読み方であり、言葉の正確な使用はコミュニケーションを円滑にするために重要です。

目次