【将来の夢】作文でのパクリ問題!避けるべき理由と効果的な書き方

【将来の夢】作文でのパクリ問題!避けるべき理由と効果的な書き方

将来の夢に関する作文をコピーすることは、著作権法違反となり、また教師からの信頼も損ねるため避けるべきです。

将来の夢に焦点を当てた作文に取り組む際、迷いや不安を感じることは珍しくありません。私自身も、学生時代には将来についての明確な夢を持ち合わせていなかったため、同様の悩みを経験しました。

作文の課題になると、求められる文章量の多さに圧倒されることも。多くを書くことに苦手意識があり、どうしてもコピーに走りたくなる気持ちはわかりますが、コピーは最終的に見つかることが多いのです。

大学在学中に中学生向け塾講師を務めた経験がありますが、生徒が通常使用しない表現を用いていた際には、「本当に自分で書いたのか?」と質問したことがあります。

大学生でさえ気づくことができるため、経験豊富な教師であれば尚更のこと、コピー行為を見破ることは容易です。ここでコピーが許されない理由を理解し、冷静になったら、手軽な執筆方法とサンプルを用いて、挑戦を始めましょう。

目次

将来の夢の作文のコピーが許されない3つの理由

「将来の夢に関する作文をコピーしよう」と思っているなら、以下の3つの理由をご覧ください。

  1. 著作権法違反
  2. 教師から叱られ、信頼を失う
  3. 自身の将来について深く考える機会を逃す

これらの理由を見て、「作文は自分でしっかり書くべきだ」と感じる人もいるでしょう。あなたはどうでしょうか?

作文に取り組む意欲が湧いた方は、次へ進みましょう。具体的な夢がまだなくても問題ありません。「コピーしても大丈夫だと思う」という方も、詳細な理由を一読することをお勧めします。

著作権法違反

映画館で映画を観る前に、「NO MORE 映画泥棒」のCMを目にしたことはありますか?人の顔がカメラや警告灯に変わるそのCMは、強烈な印象を残し、記憶に残りやすいものです。

これは、映画館で上映されている新作映画の内容を無断でコピーしないようにと、著作権を守るための啓発活動の一環です。

文章、動画、音楽、イラストなど、誰かによって創造された作品を著作物と称し、これらを保護するのが著作権です。許可なしにこれらを使用することは、著作権侵害に該当します

他人の作文を無断で利用する行為も、著作権侵害にあたり、侵害行為を止めるだけでなく、損害賠償の請求を受ける可能性があります。作文のコピーにより、深刻な問題に巻き込まれることも想定されます。

教師から叱られ信頼を失う

コピーが発覚すると、教師に叱られるだけでなく、失望されることでしょう。普段からの努力が認められていたとしても、信頼を一瞬で失うことになります。一度損なわれた信頼を回復するには、時間がかかります。

進学などの将来の計画を立てる際、推薦入試を考慮することがあるかもしれませんが、信頼されていない場合、望んだ結果に結びつきにくくなります。人生を通じて、他人からの信頼を得ることの重要性を忘れずにいましょう。

自身の将来について深く考える機会を逃す

作文を通じて未来の夢を考えることは、多方面から自分自身の将来を見つめ直す絶好の機会です。高校時代まで、私には明確な夢が存在しなかったのです。

友人たちが「看護師になりたい」「幼稚園教諭になりたい」と語る中、その輝きに圧倒された記憶があります。それでも、将来に関する思索の場が与えられたとき、何をしたいのか、何が好きなのかをじっくり考えるようになりました。

考えを巡らせること数回、自分の興味や関心がどのような職業につながるかを見出すことができました。既に夢がある人にとっては、作文がその夢に向けた努力の方向性を考える契機となるでしょう。

「楽して作文を終わらせたい」という瞬間的な思いよりも、あなたの長い将来が遥かに重要です。

親や先生からのありがちな説教のように感じられるかもしれませんが、あなたのことを思う人々も同様のアドバイスをするはずです。未来の自分のために、一人で作文に取り組んでみる価値は十分にあります。

将来の夢が見つからない?趣味や特技も夢に変わる

「夢がないから作文が書けない」と感じる人は少なくありません。先に触れたように、趣味や特技は将来の夢へと繋がることがあります。あなたが何を好きで、何が得意なのか、考えてみましょう。

趣味・特技をリストアップしてみる

まずは、「好きなこと、得意なこと」をリストアップしてみましょう。いくつでも構いません。それらを基に、関連する職業が何かを調べてみてください。インターネットでの検索や、他人の話を聞いてみるのも良いでしょう。また、多様な職業を紹介する書籍も役立ちます。

作文では自分の感情や体験談を取り入れる必要がありますから、趣味や特技に結びつけることで、よりスムーズに書けるようになります。興味を引く職業が見つかったら、それを将来の夢として作文に反映させてみましょう。

夢が職業でなくても問題ありません。実現したいことがあれば、それが立派な将来の夢です。

不得意や嫌いなことも夢の種

苦手や嫌いなこと、それにまつわる悩みも、「解決したい」「克服したい」という思いに変えれば、将来の夢へとつながります。私の子供たちは食物アレルギーを持っており、外食時にはいくつか制約があります。

その課題を解決したいと思った際に、複数の解決策が浮かびます。

  • アレルギー専門の医師になり、同じ悩みを持つ人々を助けたい
  • 薬学に進み、食物アレルギー治療薬の研究を行いたい
  • アレルギーを持つ人も安心して食事できるレストランを開業したい

これらの課題や悩みを解決しようとする際、誰かのために行動することで、深い共感と理解を示すことができます。苦手や嫌いなことでも、「その経験をしている」という事実が、あなたにとっての強みになり得ます。

自己のタイムライン(年表)を作成してみる

「全く思い浮かばない」「それでも夢が見つからない」と感じる場合は、自分だけのタイムライン(年表)を作成してみるのがおすすめです。

自分の過去を振り返るきっかけとして、学ぶ場で自身のタイムラインを作成した経験が私にもあります。この方法を通じて、自分が興味を持つ分野を発見できました。

形式は自由で、細かいことでも何でも記録してみてください。幼少期や小学生時代をはじめとする、人生の節々には必ず心に残る出来事があります。

年表例

  • 幼少期:祖母の家への引越しで新しい環境にわくわくした
  • 小学校4年生:絵を描くことで先生から賞賛され、嬉しさを感じた

どんな内容でも良いので、可能な限り多くの記憶を書き出してみましょう。あなたが作成するタイムラインから浮かび上がる出来事は、あなたにとって独自の物語です。これらの記録は、作文の素材として深い価値を持ちます。

楽しかった経験や嬉しかった記憶、不快な思い出や苦手だったことなど、何でも良いので探してみましょう。これらを深堀りすることで、作文に必要な材料を見つけ出すことができるでしょう。

将来の夢の作文をどう書く?効果的な執筆のコツ

作文を書き始める際は、最初に概略を決めておくことが効果的です。これがスムーズに執筆するための秘訣になります。

手元にメモ用紙や不要な紙があれば、それを使ってこれから紹介する方法に沿ってアイデアを整理しましょう。実際に、この文章を執筆する前に私も内容の流れを考えてから筆を進めました。

内容を事前に整理することで、書き手も読み手も理解しやすい文章が完成します。この章では、「起承転結」を基にした物語構成を取り入れた作文の書き方を解説します。

【起】未来の夢の紹介

はじめに、あなたが抱く未来の夢について述べましょう。その夢が特定の職業である場合は、その仕事内容や業務についても触れておくと良いでしょう。

【承】夢を抱くきっかけ

次に、なぜその夢を持つに至ったのかその理由を明らかにします。以前、「好きなこと、得意なこと」や「自己のタイムライン作成」について触れましたが、そこから話を展開させてください。

詳細を深めるには、「なぜ」を重ねて問うことがポイントです。例として私自身を挙げると、「幼少期に祖母の家に引っ越しした時のワクワク感」があります。

そのワクワクした理由を掘り下げてみると

  1. 新しい家が建つ過程を見るのが楽しみだった。
  2. 環境の変化に新鮮さを感じた。
  3. 家具やインテリアデザインに関心を持ち始めた。

このように深掘りすることで、より具体的な動機が明らかになります。特に多くの文字を必要とする作文では、この方法で詳細を展開することが役立ちます。

もし話がこれ以上広がらない場合は、異なる視点から新たな理由を追加してみてください。

【転】夢に向けた取り組み

続いて、夢を叶えるために今取り組んでいる、またはこれから努力したいことを述べます。夢を現実のものとするために現在できることを挙げてみましょう。

  • 学業に励み、成績を上げる。
  • 部活動や趣味に情熱を傾ける。
  • 周囲を助け、積極的に行動する。
  • 家事を通じて責任感を養う。

夢に必要な資格取得や進学のために勉強をがんばることも、重要な取り組みです。

例えば、シェフを目指すなら

  • メニュープランニングに挑戦してみる。
  • 食材の選定を行う。
  • 料理の技術を磨く。

このように、日常生活の中で関連するスキルや知識を深めることが可能です。夢に直結する活動を具体的に挙げることで、作文がより説得力を持ちます。

取り組みが簡単なものであること、または既に夢に向けて努力していることがあれば、それを強調し、今後も継続する意志を示すと良いでしょう。

【結】あなたの決意を宣言する

作文の締めくくりとして、改めてあなたが目指す夢とその職業に就きたい理由を熱意を持って述べましょう。夢を叶えた際に実現したい具体的な目標や願いも加えると、より説得力が増します。

これで、「起承転結」を基にした作文の基本的な構成方法を紹介しました。作文の長さに応じて、どの程度内容を展開するかの目安が欲しい方のために、作文例を紹介します。

【将来の夢の作文】執筆例を紹介!

ここからは、「起承転結」を踏まえて作成した将来の夢に関する作文の例を紹介します。この例では、中学生時代に建築士を目指していたという仮定で、具体的な作文を作成してみました。この例文を参考にして、作文の大まかな長さを把握してください。

【起】私の将来の目標は、建物の設計者として活躍することです。

生活空間の創造者として、人々が心地よく過ごせる空間を提供する役割に強く惹かれています。

顧客のニーズに応えて、素晴らしい住環境を創り上げることが、私の志向です。

【承】子供の頃の思い出から話します。

私と家族は、祖母と同居するために、以前住んでいた家から祖母の古い家に移り住むことになりました。

祖母の家は古く、我々家族と一緒に生活できるよう、家の改築を決定しました。

新居が完成するまでの間、私は父親と共に週末毎に、職人たちが工事を進めている現場を訪れました。

何もない土地から、少しずつ家が形を成す様子は、私にとって大変魅力的でした。

そして、家が完成し中に入ったとき、家族の願いが具現化されているのを見て、とても感動しました。

建築家と家族が笑顔で会話している様子を見て、「素晴らしい仕事だ」と強く感じたのを覚えています。

デザインやアートに興味があり、それらを使って人々を喜ばせる方法を探すのが好きです。

建築家は、機能性とデザインを両立させることで、人々が快適に過ごせる空間を作り出します。

顧客のイメージを具現化し、色やデザインを工夫するのが楽しみです。

【転】建築家になるために、私は大学進学を志望しています。

建築家になるためには、大学の建築学科を卒業し、資格試験を受ける必要があります。

そのために、今学校で学んでいることをしっかりと理解し、進学を目指しています。

【結】以上の理由から、私の未来の目標は建築家になることです。

建築家になったら、顧客のニーズに応じた住環境を提供し、そこで暮らす人々が安心して快適に過ごせるよう、一役買いたいと思っています。

課題によっては、内容をもっと詳細にしたり、必要に応じて要点を絞り込んだりすることで調整が可能です。

将来の夢を形にする作文の書き方

自分の夢とその職業について紹介する。
夢を持った理由やきっかけを具体的に説明する。
夢に向かって現在進行形で取り組んでいること、またはこれから努力したいことを述べる。
未来の夢に対する決意を改めて強調し、夢を叶えたいという熱意を示す。

将来の夢を実現するための作文は、自己の内面を深く掘り下げることから始まります。起承転結の構造を取り入れて物語を構築し、自分だけの夢に対する熱い思いを紙面に表現しましょう。

この一連の作業を通じて、未来への一歩を踏み出すための明確なビジョンを描くことができます。

目次